« さぶ~い朝ニョロ! | Main | 虫歯ですか? »

06/29/2005

イシマササユリ

今朝のTOKYO FMの朝のプログラム「6SENSE」
http://www.tfm.co.jp/6sense/index.html

コスモ 「アースコンシャス~地球を愛し、感じるこころ~」
http://www.tfm.co.jp/earth/index.php

パーソナリティー七尾藍佳さんで
伊島のイシマササユリが話題になっていました.

伊島は四国最東端、徳島県阿南市の蒲生田岬から約5㎞、紀伊水道に浮かぶ島です.
 

ishimasasayuri  伊島中学校ホームページ
 http://www.geocities.co.jp/NeverLand-Homeroom/5445/index.html

 徳島県立新野高等学校ホームページ
 http://www.aratano-hs.tokushima-ec.ed.jp/


 伊島の魅力を写真で伝えてくれるページ
 http://www.geocities.jp/takajironn/fotoishima1.htm


  

この島だけに自生するユリの花「イシマササユリ」
この季節、5月~6月ころに淡いピンク色の花を咲かせ、
茎の高さは50cm~1メートル位になる.
野性のイシマササユリは、絶滅が危惧されていました.
そこで、1980年代初めに伊島中学校保護運動を始め、
これを知った新野高校では授業で手掛けているバイオテクノロジー
球根を増やす手助けを申し入れて活動が始まり、今年で19回に至っているそうです.

ボクは、ちょっと感動しました(T_T)
自然を大切にする心を育て、地道な活動を長年にわたり継続しているみなさんに.
中学生の地域での活動と高校生のバイオテクノロジーのタッグは最強です.
その甲斐あって、
「今では、約3000本のササユリが花を咲かせ、絶滅に歯止めがかけられた。」
と、すばらしいですね.
この、イシマササユリは球根から薄いピンクの花を咲かせるまで3年かかるそうです.

実は、ご主人様、
中学2年の夏休みにお父さんの仕事にくっついてこの伊島に2週間ほど
滞在したことがあり、伊島には思い出があるそうです.
でも、その時はイシマササユリのことなんて知らなかったらしいです.
島の中学生や小学生と一緒に遊んだり、素潜りでウニをとっては食べたり
釣りをしたりと、すごく楽しい思い出があるそうです.

いいなぁ~ボクも行きたいな(^_^)

|

« さぶ~い朝ニョロ! | Main | 虫歯ですか? »

Comments

イシマササユリって
最初
「石正 小百合さん」かと思った
「誰だろ、聞いたことないなー」って。


Posted by: ともともの母 | 06/30/2005 at 10:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96452/4757447

Listed below are links to weblogs that reference イシマササユリ:

« さぶ~い朝ニョロ! | Main | 虫歯ですか? »