« お~、パパの車だね~ | Main | 幻のハイブリットヒーター »

05/23/2005

交通安全の極意!

昨日、ご主人様は運転免許証の更新に行ってきたそうです。
新しい免許証は金色に輝いていました。
そのときに安全運転の極意を教わったそうなので
伝授してもらいました。

交通安全の極意

 ・交通ルールーを守る。(法律)

 ・マナーとモラルをもって運転する。

だそうです。
当たり前ですが、過去の事故のほとんどが
これらが無視された結果だそうです。
あと、「~だろう」運転をしない、
「~かもしれない」運転がいい。
なども教わったそうです。

昨日、宮城県で飲酒の上居眠り運転をし、
死亡事故発生という報道がされていました。
交通ルール違反の結果です。
モラルのかけらもないです。
本当に悲しい事故だと思います。

また、残念ながらここ、讃岐の交通安全事情は
全国統計からはあまり良くないようです。
極意を極めて、交通事故のない世の中になればなぁ...

交通安全マップ
http://www.kotsu-anzen.jp/index.html

事故統計情報
http://itdb.kotsu-anzen.jp/Gaikyo.html

今日のお天気は 曇り

|

« お~、パパの車だね~ | Main | 幻のハイブリットヒーター »

Comments

芸能人の腕時計.com こういったドイツ人との分離主義的な運動に強く対抗する運動もまた起きて、次の14世紀にはドイツ系と非ドイツ系の2勢力の反目が、ポーランド史の基軸となった。
ヘンリク4世(在位1289年 - 1290年)は、ドイツ系住民の支持を受けクラクフ公になった。
14世紀にはヨーロッパ大陸での反ユダヤ主義から、ポーランド国内法の宗教的・民族的寛容さから多数移住してきた。
ソ連の占領下では、100万人以上がシベリアや中央アジアに強制移住させられた。
以後、モンゴル軍に襲われた地方の復興がこの地域の諸侯の最優先課題となった。
ポツダム会談の決定によりポーランド人民共和国に定められた領土は、東部のウクライナ・ベラルーシ西部をソ連に割譲し代わりにオドラ川以西のドイツ領であるシロンスクなどを与えられるというものであった。
ドイツ騎士団の支配と共にドイツ都市法の適用も盛んに行われるようになり、都市法その他の特許状は、ポーランドの伝統的な慣習法よりもとても進んでいた。
モンゴル軍が連合軍を破った事は、東欧史上の大事件であった。
時のシロンスク公でクラクフ公も兼ねていたヘンリク2世はドイツ騎士団とポーランド連合軍に参加、レグニツァでモンゴル軍を迎え撃った(レグニツァの戦い)。
1939年9月1日、グダニスク近郊のヴェステルプラッテのポーランド軍陣地への砲撃を手始めにドイツ軍とスロヴァキア軍が、9月17日にはソ連軍が東部国境を越えてポーランド侵攻を開始してポーランド軍を撃破し、ポーランド領土はナチスドイツ、スロヴァキア、ソビエト連邦、そしてソビエト占領域内からヴィリニュス地域を譲られたリトアニアの4か国で分割占領された。
政府は主に西側諸国からの借入れを繰り返し、無計画な経済政策と国家の物財バランスに基づいた計画によって配分される体制の計画経済により急激なインフレ急騰をまねき、食料・物資不足が長く続いた。
この1989年9月7日から現在までは、「第三共和国」と呼ばれる国家であり、民主共和政体を敷く民主国家時代である。
1922年に国家元首職を引退したピウスツキは、その後の政界の腐敗を憂い、1926年にクーデターを起こして政権を奪取した。

誕生日プレゼント https://www.watchergz.com/cdn-cgi/l/email-protection

Posted by: 誕生日プレゼント | 06/06/2020 04:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 交通安全の極意!:

« お~、パパの車だね~ | Main | 幻のハイブリットヒーター »